テックワークトーク #6 テーマ:ワークショップ

テックワークトーク, ワークショップ・ファシリテーション

ワークショップの成り立ちとして「フォーマル学習」「インフォーマル学習」と対比した「ノンフォーマル学習」という位置づけの話から、倉林工房で大切にしているワークショップの3つのキーワード「参加・協働・納得」などについてお話させていただきました。 また、架空のシナリオベースのワークショッププログラムの件(これは最初に2016年のCybozu Daysで実施しました。)や、そこから派生して現在構想している『お金ゲーム』の話まで、自分が今興味があること全てに触れられたのではないでしょうか。 仕事内容や趣味の内容がここまでつながっている状態は、人生で初めてかもしれない。 是非録音を聞いてみてください。そして感想をおきかせいただけるとうれしいです! 感想はこちら。 倉林工房へのお問合わせはこちらから。    ]]>

関連記事一覧