テックワークトーク #09 永遠のタスク管理

テックワークトーク

先日の投稿で「ToDo管理が破綻したのでtodoistを使い始めました~」ということを書いたのですが、テックワークトークでもタスク管理について話題に上がり、第9回の今回は「永遠のタスク管理」というテーマでトークしました。 お仕事されているみなさんも、一度はタスク管理ツールを試したことがあるのではないでしょうか?大きなプロジェクトを管理する人ならタスク管理の大切さと大変さを痛感しているかもしれません。 今回はテックワークトークでは、矢野さん、藤森さん、そして私がそれぞれどのようにタスク管理をしているか?をツールや管理方法などを紹介しました。やはりタスク管理は千差万別。100人いたら100通りのタスク管理がありますね。 個人的に気づきのあったキーワードとしては、矢野さんの「最適なタスク管理方法は、どのツールを使っているか?誰と業務をしているか?に依存する」という発言や、藤森さんの「タスク管理ツールを使っていると、差し込みタスクが発生しても、元のタスクに戻りやすくなった。」という発言です。どちらも深くうなずきながら聞いていました。 ちなみに現在私はtodoistを継続して利用中で、todoist上のカルマレベルは「中級者」です。ほぼ毎日積み残しタスクがあるので、おそらく見積が甘い、もしくは終了条件を明確にできていないのだと思います。今後も改善が必要そうです。 このテーマは非常に面白かったので、また3ヶ月後ぐらいに話したいですね。終わりの方で「手帳」の話も出たのでそれをテーマにしても面白いかも。 テックワークトークで取り上げて欲しいテーマやお聞きになった感想はこちら。 倉林工房へのお問合わせはこちらから。 お待ちしてます!]]>

関連記事一覧