ワークショップサービスとは

ワークショップ・ファシリテーション

ワークショップサービスとは

倉林工房ではワークショップというサービスを提供しています。もちろんワークショップ自体は手段であるので、その時にお客様が抱えている課題に対して必要に応じてワークショップという形式でサービスを提供することになります。

これまでの実績

これまで対応させていただいたワークショップには以下のようなものがあります。
  • グループウェアの活用方法を考えるワークショップ
  • 架空のシナリオをベースに、業務改善の提案をするワークショップ
  • 働き方改革を進めるためのワークショップ
  • チームメンバーに対するモチベーション向上のためのワークショップ
  • チームメンバーの緊張をほぐし、関係性を柔らかくするワークショップ
 

倉林工房のワークショップ3つのポイント

  1. 参加:自らの意思で参加し、ワークショップはその参加者をきちんと受け入れられること
  2. 協働:参加者同士が積極的なコミュニケーションを取ることで1人では考えつかないようなアイデアを得ること
  3. 納得:どこかに存在する正解ではなく、参加者が納得できる解(納得解)を得て、行動変容につなげること。
 

倉林工房のワークショップサービス提供方法

倉林工房では全てのワークショップを依頼主や参加者の要望に合わせてフルカスタマイズで提供しています。
「参加者の状況」や「ワークショップの目的」は常に変化するためテンプレート化しづらい、テンプレート化して一般化しすぎたワークショップは「参加者の驚きや新鮮な感覚」が少なく創造的な活動になりにくい、というのが主な理由です。
 

ワークショップサービス提供の流れ

実際に倉林工房でワークショップサービスを提供するにあたっては、以下のような流れで進めます。こちらは進め方の例ですので、お客様のご要望に合わせて調整いたします。
  1. ​ワークショップサービスのご紹介とお客様の課題ヒアリング
  2. ワークショップ形式とした場合の、プログラム案の提示
  3. (必要に応じて)ワークショップのリハーサル
  4. ワークショップの実施
  5. お客様を交えて振り返り
 
ワークショップサービスはその特性上なかなかサービス内容を理解するのは
難しいので、まずは一度体験していただくのがオススメです。
ご興味お持ちいただけましたらこちらまで。ご連絡お待ちしています!
 
 
 
]]>

関連記事一覧